ダイエットで肉割れに…これ以上増やさないために私がしたことは

二度の私の肉割れについて 
女 30歳
神経質なのに飽きっぽい性格の私は、中学生の頃に急激に太りました。
具体的にいつ肉割れていることに気が付いたかまでは覚えていないのですが、
それがきっかけで太もも内側に肉割れが出来たのだと思います。
 

おしゃれをするために、肉割れ対策をすることに


高校生になり今まで以上におしゃれに気を遣いだす年頃。
 
当時ボディークリームを塗ることが流行っていて、
私もいい香りのボディークリームを購入し塗り始めました。
 
その時に太ももに無数の線のようなものがあることに気付きました。
 
母親に相談した所、肉割れではないかという結論に。
 
もっと早くに気が付いていれば対処出来たのではないかと悔みました。
 
お風呂に入る度に太ももが気になり、かなり落ち込んだことを覚えています。
 
落ち込む日々がしばらく続くのですが、
広範囲に渡って両太ももに出来ていることもあり
諦めの気持ちも強くなって来ました。
乾燥をしたらもっと肉割れを起こし、良くない。
 
完全になくすことは無理だとしても小範囲でいいから減ってくれという
想いでボディークリームを塗って保湿を心掛けていました。
 
ですが諦めの気持ちが大きくなるにつれてボディークリームを塗ることを
さぼる日が徐々に増え、気分で塗るようになり、最終的には塗らなくなりました。
 

そして二度目の肉割れ。結婚で浮かれた気持ちが・・・

二度目の肉割れを発見したのは26歳の時。
 
結婚が決まり、ウェディングドレス選びで浮かれていました。
 
体型を維持しなければならないということもあり、
いつもより体に気を遣うようになっていたと思います。
 
特に運動を心掛けるようになり、健康的な生活を送っていたと思います。
 
気のせいかも知れませんが引き締まったような感覚もあり、
ふとお風呂に入る前に自分のお尻の上がり具合を確認した際に、
肉割れがあることを知りました。
 
中学生の時にはすでに出来ていたのか、それとも最近になって出来たのか分かりませんが、とにかく落ち込みました。
お尻の膨らんでいる部分(座る際に椅子に接するあたり)なので太ももと比べると
見えない部分ではありますがショックでした。
 
 
太ももの肉割れの時にこれからはしっかりと保湿して肌環境を整えようと
誓ったのに、怠った罰なんだと自己嫌悪になりました。
もうこれ以上肉割れは作りたくない。
 
 
そう思って今回はちゃんとインターネットで肉割れについて調べました。
そこで治し方や同じ悩みを抱えた人達の悩み相談を沢山見つけ、
ダイエットや食生活など肉割れになる原因は様々だと知りました。
 
 
そして同時に肉割れを起こさぬよう、
保湿し肌環境を整えることの重要性も知りました。
 
学生の時からボディークリームを塗り続けていればとモヤモヤする気持ち
もありますが、二度目の肉割れ発見以来、ずっとボディークリームを塗っています。
 
妊婦の方が妊娠線対策に塗る専用のクリームなども試しました。
 
ですが保湿重視といった点だけ見れば、個人的には市販のボディークリームで
良いように感じました。
 
きっと妊婦の方は肌に優しい成分など気にしなくてはならない点が
多いのだと思いますが、
私は気にすることもなかったので安くて好きな香りのボディー
クリームを購入していました。
もう何年も続けていますが、消えたということはないです。
 
今も太ももとお尻にはくっきり肉割れがあります。
 
ですが他の部位には一切肉割れは出来ていません。
 
またきちんと保湿しているので、特に乾燥する冬場であっても肌の状態が
良い気がします。
 
出来てしまったものを完全に消すには医療機関に頼るといった方法も
あるようですが、そこまでは考えていません。
 
理由としては治療に対する恐怖感と費用の不安があるからです。
 
 
これからも、これ以上増やさないことが目標です。
 
そしてあわよくば少しでも目立たなくなってくれたらと願っています。