妊娠線は確かに後から隠せた。だからこそ事前に塗って!と言いたい

一人目を妊娠した時に妊娠線には専用のクリームを塗るといいと既に出産した友達から聞いていました。

しかし、小学校6年生から中学二年生にかけて、かなり太っていた私は過去にダイエットした事があり、既に太もも内側と二の腕の内側に肉割れがあり、お腹にもうっすら肉割れの線もあるので、今更妊娠線なんて気にしないだろうなと思っていました。

 

なので、高いクリーム等は使わずに自然体で過ごしていました。

お腹の線は、旦那や温泉に行く時に仲の良い友達に見られるくらいだし、むしろ海やプールに入る際の太ももや二の腕の肉割れの方がコンプレックスで気にしてました。

ところが、いざ痩せてみると妊娠線がビッシリ…

しかし、実際に無事に出産して母乳だったため、一ヶ月程で元の体重より更に5キロ減りました。

体重的には嬉しかったのですが、そうなるとびっくりしたのがお腹の妊娠線でした。

 

言われてはいたけど、こんなにハッキリと出るものなんて。

二の腕や太ももより目立つしと、妊娠中に妊娠線専用のクリームを使わなかったことを後悔しました。

みんなこの経験があるから、妊娠線クリームを推奨してくれたんだと思いました。

 

旦那にも妊娠線の話は聞いたことあるけど、やっぱりすごいお腹が出てたし、すごくなるんだねと驚かれました。

友達にその事を話すと、「でしょ!結構すごい出るんだよ!」と言って、でも、アフターケアにも有効な妊娠線のクリームもある事を教えてくれたので、早速購入して試してみました。

妊娠線が出来てから使えるクリームを急いで使って…

妊娠線クリームというより、セルライトみたいなもので、マッサージが有効で私の場合効いたよと教えてくれました。

教えてもらってから、テレビを見ながらクリームをつけてお腹のマッサージ、ついでに以前から気になっていた二の腕と太ももの内側もマッサージ。

 

娘とお風呂上がりにベビーマッサージしながら、自分もマッサージ。

赤ちゃんと二人で暇な時間も長かった分、ケアする時間もたくさんあり、そして、気持ちがいいし楽しかったです。

 

二の腕のマッサージをすることによって、血流がよくなり、肩こりや首凝り等の問題も解消したのが一石二鳥でした。

足も同様むくみに効きました。

肝心の、妊娠線は隠せたかというと…

肝心の効果の方もひどかった妊娠線は薄くなりました。

そして、太ももと二の腕の肉割れも薄くなって目立たなくなってたのに驚きました。

肉割れには、整形美容科で治療するしかないと思っていたのでびっくりです。

 

もちろん、全て消すには治療すかないと思いますが、薄くなるにはクリームマッサージで私の場合、充分効果が出ました。

後は、肉割れしてる箇所はノースリーブに羽織物をして見せないなど隠しました。

一番のオススメはやはり出来てしまう前に妊娠線専用のクリームを塗って予防することをオススメしたいです。

 

最後に、妊娠線予防をしたくなる画像を以下にリンクさせていただきます。

こうならないためにも、絶対に予防してくださいね。