バイオイルは妊娠線・肉割れ予防に効果ある?私の場合は…

 

長年やっていた水泳をやめたら、筋肉が贅肉になってしまい、更に体重も増加。

太ももに肉割れができました。
 
両方の太ももに2本くらいずつ。
 
遠くからはわかりませんが、近づくと完全にヒビみたいに入った肉割れの線がくっきり。

 妊娠線にはバイオイル!


雑誌などで色々調べたところ、バイオイル(オレンジのオイル)がよいというので、
まずはお風呂上がりにバイオイルを肉割れに塗り込む、
というのをひたすら続けました。
 
バイオイルは、傷痕を消すのもいいというので、
切傷や火傷をしたときなどにも塗ってみました。
 
確かに傷痕にはとてもよく効いて、薄くなった気がしましたが、
肉割れはなかなか手強く、
オイルを塗り続けても保湿にはなるけれど、
肉割れが完全に消えるまでには至りませんでした。
 
でも塗る前はハッキリと出ていた肉割れの線が、少し薄くなり、
目立たなくなったのは確かです!
 
妊娠線に関しては、赤ちゃんが男の子だったため、
前にせりだすようなお腹の出方だったので、早め早めに対策をしようと思い、
初期の頃から(まだ性別が不明の頃から)、妊娠線予防のクリームを色々試しました。
男の子とわかってからは更に色々な対策をと思い、いただいたクリームの他にも、
妊娠線予防のクリームのモニターにも応募し、色々な種類のクリームを朝、晩お腹に塗りました。
 
 
オイルも塗りました。
その際、再びバイオイルが妊娠線予防にもいいと知り、肉割れには諦めていましたが、
再度購入し、バイオイルをお腹と太ももに塗り込むようにしました。
 
 
おかげで、太ももの肉割れは更に目立たなくなり、妊娠後期にはかなりお腹もせり出しましたが、
妊娠線も できずに済みました。
 

日々のケアが妊娠線を防ぐ!

歳を重ねるとどうしても体重が増加し、お肉もタルタルになってしまいますが、
日常的にオイルやクリームで保湿することにより、ある程度は妊娠線、
肉割れを防ぐことができるのではと思います。
 
あと、最終手段はエステにも通いました。
 
太もものお肉をもみ出してもらい、体重は減らなくとも、むくみは解消するし、
多少は引き締まった身体になります。
 
キャビテーションや、電流をエステティシャンの方?自分に流して、
お肉を引き締める、というのも体験しました。
 
それによって更に肉割れが目立たなくなったのか、
最近は自分の太ももの横を確認してため息をつくことも無くなりました。
 
最新鋭の機械によるエステと、バイオイルで保湿をしっかりとするようにすれば、
肉割れも妊娠線も全然怖くないぞ!と思います。